OLMI夫人の独りゴチ


Firenzeでイタリア人の旦那さんと楽しく子育て中です。イタリアでの自然派な食べ物、食事、仕事、ケミフリ生活の中の独りごと&近況報告です★
by olmifujin
プロフィールを見る
画像一覧

バイバイ☆☆☆オムツ

息子ちゃんのトイレトレーニングを始めてほぼ3週間が経ちました。

はっきり言って順調です♡
もう家の中では朝でも夜でも100%オムツ無しで過ごしています。

お友達の家にお呼ばれの時や大事な用事で外出の際は
保険でオムツを着けますが大概はオムツの中で用をたすことはほぼありません。
先日はちょっと外出先でアクシデントがありましたが
私にとっても本人にとってもいい経験になったと思います。
これでますますトイレに行く大事さがわかったのではないでしょうか。
実体験は大事ですね〜。

以前は頻繁にベットやソファの上でやってしまい
「キャアーーーーーーーー!!!!」な時もありました。
出来れば後処理の簡単な床の上でやって下さいと祈りつつも
トイレ行こうよーと促したり本人も親も頑張りました。

もう忍耐との勝負ですね〜。

トイレで用を足せた時はもう毎回拍手喝采です☆☆☆

でもふと、思うとちょっと寂しかったりするのです。
もう彼は赤ちゃんではなくてドンドン大きくなるんやわあ。

a0285071_00522327.jpg
この最後のパンパースの箱も今ではいい思い出です。

もうオムツのセールの時にまとめ買いしなくてもっていうか
オムツそのものを買う必要が無くなるんやわあ。

息子ちゃんの成長に乾杯&私も旦那さんも今迄お疲れ様でした。

これからも家族みんなで成長していきましょう♡

[PR]
# by olmifujin_firenze | 2017-06-27 15:16 | ある日の独りゴチ

全部繋がってる気がします。

*チョット長々と書いてしまいました。
お時間のある方は是非♡
尚途中で不快に感じられた場合はスルーして下さい。


今週に入ってから「あら、何かお知らせが来てますか?」と思うような事が立て続けにありました。

偶然別々の人から同じテーマの話を聞いたりたまたま誰かと話した話題に関してまさにその日に事が起きていたとか。

私は自分の中でそれらを「お知らせ」や「リンク」と呼んでいます。
自分の中からふ、と来るものは正に「お知らせ」ですがそうじゃなくて今回は外から来る場合です。

一昨日私はお友達と色々お話しして
その中に「死」に関する事が話の中に上がりました。
人間や動物全ての動植物の命、そして死ぬ事。
そこで医療の話や某有名人の方の闘病の話も出ました。

そして次の日の朝にそこで話題に上がった某有名人の方が
亡くなられた事を知りました。
時差があるからちょうど私達が話していた頃が日本時間の22日夜ですね。
そして翌日23日に記者会見が開かれたそうです。

更に次の日別のお友達と会った時に色々話すうちに彼女の身近な方で母親、従兄弟を亡くした方がいて。。。と言う話が出ました。

何か最近こう言う話題よくあるなあ、と思っていたら
奇しくもその日は沖縄の慰霊式典の日でした。
私は初めて沖縄地上戦の古い映像と共に流れる「島唄」を
実際の解釈(裏歌詞)付き動画を見ました。
島唄は恋愛の唄ではなく戦争の唄というのは知っていましたが
実際の映像と共に流れる島唄は超リアルで
久しぶりに胸が怒りでザワザワしました。

元沖縄県知事が任期中に設立した「平和の礎」には軍人、民間、米国、韓国、日本などの国籍、身分に関係なく判明された全ての戦没者名を記したそうです。
この元知事の方の戦没者に対する想いが感じられます。
現沖縄県知事を含む沖縄県民が式典会場に参列したアベシを見る写真が
ネット上でも話題になっていましたが私もできたらその場に行って
アベシを睨み倒したいくらいです。

死にたくて死んだ人はいなかったと思うし小さい我が子を防空壕の中で日本兵の命令で絞殺しなければならなかったお母さんの気持ちや自分の子どもを必死で守ろうとしたけど集団自決を強要されて結局アメリカの攻撃以外の要因で死ななければならなかった親たちの無念や人員不足で兵士として徴収された少年兵(当時12歳や13歳だったらしい。下手したら小学生)や白百合の塔で知られる女学生も利用されもう散々です。
戦争がいかにして作られて実行されたかを考えるともう怒りしか感じませんね。
本土や他のアジアの島々での死傷者を合わせたらもう膨大な数でその亡くなった方々の家族も含めるとすごい数の悲劇です。

すごい数の「死」の話。

そこで思う事は今回の「お知らせ」の意図としては多分これ↓

「生きてるだけで奇跡
健康や平和は当たり前ではない
家族が元気なのはそれだけでもう超幸せ
沖縄を含めて戦時中に亡くなった方々から教わるもの
命の尊さ
毎日を力一杯生きる、そして楽しむ
自国の政治に無関心ではもういられないレベルまで来ています」

更に(すいません。まだあるんです)沖縄の慰霊式典の日にも関わらず沖縄出身の元アイドル議員はその事には全く触れず「沖縄愛してます」と言って選挙活動(自民党です)をしていたそうです。
彼女は共謀罪も賛成らしい。
高江には行きましたか?
本当に必要かも定かではないヘリポートの建設のためにどれだけ自然が(カナリ希少種の木や植物があったらしい)破壊されたかについて沖縄出身者としてどう思いますか?
「マジかこの人!」と思ったけどツイッターには「応援してます!」的な書き込みもあり(もちろんその逆もあったけど)もうなんでもokなんですね、日本。

そして更に奇しくもその慰霊式典&某有名人逝去に関するその旦那さんの記者会見と同じ日に前川前文科次官の記者会見がありました。
現政権に牙を剥いた稀な官僚の方、アベシを追い詰めるには超大事な記者会見です。

それでも日本のメディア(例えばNHK)のお昼と夜7時のトップニュースは先の某有名人の逝去をあげていました。
闘病生活の末亡くなられたこの方には心からご冥福をお祈りしています。
マジで。
同じく小さい子どもがいる親として他人事とは思えない程心が痛みました。
でもそれが今この状況の日本のトップニュースではあってはならないと思います。
薄情かもしれないけど。

このメディアの対応、わざと?とは言いませんよ。
でもアベシからしたら絶対この前川氏の記者会見に注目を集めさせたくないはず。
沖縄の件も今から「戦争するぜー!」にもっていきたい人にとっては戦没者、戦死者の話はあんまり国民に聞かせたくないでしょうし。
だいたい唯一の地上戦となった沖縄で20万人以上の県民がなくなっていてその慰霊式典の話題(しかもまだ色々問題山積み)や、現政権を揺るがす位の内容の記者会見が後回しで元アナウンサーの逝去がトップって。
何でもしますわなー。
アベシ。
今では超右肩上がりの癌患者数、放射能も垂れ流され原発は日本中で再稼働され食べ物は添加物まみれで今後もっと遺伝子組み換え食物が入って来て更に水源も外資に買われてしまう日本。
今後交通事故でも戦争でもなく人口減少が進むでしょうね。
アベシ、どうされますか??
あなた総理大臣ですよ?
何とかしなきゃ。
そんなアベシは防衛大臣も一緒に戦争もしたい気満々ですが。

そこにもある「死」という現実。

これからどうやって大切な人と自分の身体を守っていきますか??
この一連の事は何気に同時期に起こっていますが全部繋がっていると思います。

更に(すみません、これ最後です)奇しくも今日は私のフィレンツェでお世話になった方のお誕生日なんです。
まさに今日。
時差があるので日本では既に25日ですね。
でも5年前に亡くなられました。
今思えば彼女は私に本当に色んなことを話してくれて説明してくれて当時の私に少しでも気づけるように促してくれてたのでは、と思います。
天皇家の歴史から大政奉還時の出来事とか芸能界内の◇△学会の強さと公明党、他にも色々当時の私はまだ「そうなんだー」くらいに聞いていました。
でも私が世界の色んなおかしい事に興味を持つようになった最初のきっかけは彼女のおかげです。

今の私なら彼女の話ももっとちゃんと理解できたかもしれません。
でもちゃんと彼女がこの世に来た日、彼女と話した事、楽しんだ事をお祝いしようと思います♡

そして日々自分や家族が元気でご飯が美味しくて明日何処かの国が攻めてくる恐怖を感じる必要のない事に感謝します。
それでもテロや自然災害や何が起こるかわからない世の中。
毎日しっかり家族に愛を伝えます。
恥ずかしがらずに口に出す!!

長々と書いてしまいました。
これを読んで不快に思う方がいたらごめんなさい。
どこかのおバカさんの戯れだと思ってさーーーーっと流して下さいな。

物事の捉え方や考え方は人それぞれ違っていいと思うし受け取り方次第です。
私はこんな風に捉えました、っていう話です。

でも、最近こういう事を話せる人が周りに増えて来ました☆☆☆
これも「お知らせ」の目に見えるバージョンだと思うのです♡
くふふ。

またこういうお話させて下さい。
正にワタクシの単なる独りゴチですので☆☆☆











[PR]
# by olmifujin_firenze | 2017-06-25 02:13 | ある日の独りゴチ

再会に乾杯♡

昨年スペインに移住したお友達が一時帰国しました~~~♡

短い滞在期間の中でも何とか予定を合わせて仲良しグループでランチに行きました☆
久しぶりと言っても普段からLINEで連絡を取ってるのでお互いの近況は把握してたけどやっぱり会うとなると違いますね。

今回のランチに参加の私達は2008年のフィレンツェ大学のイタリア語コースで一緒に勉強した仲間たち☆でこのクラスは不思議と今でもみんな連絡を取り合ったりして繋がっています。
中々ご縁があるんですねえ、きっと。

息子ちゃんも参加してみんなでいっぱい食べて元気モリモリです♡

a0285071_02405140.jpg

息子ちゃんの手が!!
失礼しました(笑)

a0285071_02533948.jpg
みんな結婚してそれぞれ家族を持って、幸せだね♡としみじみ思いました。

またこうやって幼馴染や家族のように自然に集まれるお友達がいるのもありがたいですね〜。
いわゆる私達外国人妻は何かあっても「実家に帰ります」とか簡単に言えませんし!
実家遠すぎますし!!!

つぎはまたいつ集まれるかはわからないけどこの「繋がってる感」は大切に持っておきたいと思います♡


[PR]
# by olmifujin_firenze | 2017-06-24 05:00 | ほっこり幸せ

バカンスの準備、okですか??

6月も下旬に差し掛かってきました。
巷ではもう本格的にバカンスの話で持ちきりですね。

「いつ行くのー?」、「どこいくのー?」、
「どれくらいの期間いくのー?」、「どの航空会社ー?」
がここ最近の挨拶の後の会話です。

私達オルミ家は私の仕事の都合でまとまった休みは
春〜夏の期間しか取れないので
この季節はもうバカンスに「行かなければならない」状態です。

先月1週間スペインに行って、
今後は7月,8月と1週間ずつエルバ島とサルデニア島に行きます。
海大好きな旦那さんは夏に海に行かないと体調悪くなるらしい(笑)

そんなわけで海!!!

先日とあるお店でこんなん見つけちゃいました。

a0285071_23115592.jpg

大きいフラミンゴちゃん♡

コレ息子ちゃん丸々乗れますね。
てか、私も乗りたい。
この上でプカプカ浮きたい。
はい。購入決定です。

特にエルバ島は車&フェリーで行くので
車に乗るだけ荷物を持って行けます。
しかも向こうには旦那さんファミリーのアパートがあるので空気入れとかのものは持参する必要がなく、とっても助かります♡
サルデニアへもペチャンコにして畳んで何とかカバンにねじ込みます!

今家の中では「日焼け止めクリーム論争」が起こっておりますが
同じような考えを持つ自然派ママ友のアドバイスでは
やっぱり海での太陽の強さは侮ってはいけないらしいです。

経皮毒、皮膚ガン、海の水質汚染(特にサルデニアの海は半端なくキレイでこんな中に全身ケミカルなクリームだらけの私達が海に入ることが本当に申し訳ないくらいです)、色々考えて、でもやっぱり酷い日焼けは避けなければならないし引き続き旦那さんと相談します。

とにかく!
出発まで後わずか、海滞在をぼんやり思い浮かべながら
今日も1日頑張りまーす☆☆☆

[PR]
# by olmifujin_firenze | 2017-06-22 02:11 | ほっこり幸せ

今年も始まりました♡

自宅から徒歩で20分くらいのところにある大きな鉄橋のたもとにある広場で毎年6月~7月に野外イベントが開催されます。

その地域のボランティアで運営するテント式のレストラン、そして併設のバール、子ども用の遊具、そして何よりも生バンドの演奏でご年配カップルや子どもたちが踊りまくります。

日本でいう所の盆踊りのお祭りのような感じでしょうか。
基本的に客層はご年配の方々が多くグループで来て食事をしたり踊ったりします。
老後もお出かけする機会があって孤独死とかイタリアは少なそうですねえ。

a0285071_19460428.jpg

お料理も簡易なサービスとは言え(お皿やコップはプラスチック)ボランティアの学生さんや中には黒人の若い男の子や色んな年代、国籍の人達がエプロンを着けて忙しなく動いています。

なので何か間違いがあっても怒るお客さんもそんなになく、家族連れも多いしかなーりアットホームな雰囲気です。

a0285071_19464920.jpg

しかも夜の屋外、フィレンツェ中心街からは結構離れて木々や川がすぐ側なので家の中にいるよりカナリ涼しく過ごせます。

。。。って言うか今回のこれらの写真、何だかとっても「取り敢えず撮っときました」的な出来ですがこの日は旦那さんの同僚の方々もいたしあまり写真撮るぜ!!という方に集中出来ませんでした(言い訳)。
てへ♡
a0285071_19450887.jpg
バールもあるのでご飯の後は一杯(私はカフェだけで。。。)飲みながら皆様夜遅くまでおしゃべりしながら日中の暑さで疲れた身体を涼ませます。

息子ちゃんは眠たくなれば結構こういう大きな音や騒がしいところでもベビーカーの中で懇々と寝てくれるので本当にありがたいです。

彼自身も眠くなるまで踊ったり遊具で遊ぶので親も楽しみながら居られるし。

以前は毎年この時期になるとよく来ていましたが子どもができてからは中々今までみたいには行けないかな〜と話していましたが結構大丈夫みたいです。
小さい頃から結構外に連れ出してたのが良かったのかもしれません。

8月にはもう終わってしまうので今この時期限定です。

南フィレンツェのNave a Rovezzanoの鉄橋のたもとです。
お近くの方は是非♡


[PR]
# by olmifujin_firenze | 2017-06-19 16:55 | イタリアライフ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

バイバイ☆☆☆オムツ
at 2017-06-27 15:16
全部繋がってる気がします。
at 2017-06-25 02:13
再会に乾杯♡
at 2017-06-24 05:00
バカンスの準備、okですか??
at 2017-06-22 02:11
今年も始まりました♡
at 2017-06-19 16:55

外部リンク

ファン

ブログジャンル

ナチュラルライフ
海外生活