OLMI夫人の独りゴチ


Firenzeでイタリア人の旦那さんと楽しく子育て中です。イタリアでの自然派な食べ物、食事、仕事、ケミフリ生活の中の独りごと&近況報告です★
by olmifujin
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バカンス(2018年5月) ③

まだまだ有休中のお話です。
この日はpistoiaの方に盆栽専門の植木屋さんがあると聞いて(もちろん私ではなく旦那さんが)みんなで見に行ってみました。

a0285071_23494740.jpg

こちらでーす!
なんか想像してたのよりもすごく近代的できれいでした。
種類や大きさ、価格帯も色々あって選びやすくなっています。

併設して盆栽の展示コーナーがありました。
私と同じ歳の盆栽がたくさんあって親近感いっぱいでした♡
しかも日本から来ている所も共通しています。

a0285071_23542474.jpg

こちらは一目惚れでした♡↑↑↑

a0285071_23561095.jpg

こちらは私と旦那さんが大好きなもみじ♡↑↑↑

a0285071_23572781.jpg

こちらは重鎮、250歳(!)です↑↑↑

もちろん他にもたくさん展示してありました。
あの空間はホントに気に入りました。
80%の盆栽(他は中国や台湾からのもの)が日本から来ておりイタリアにいながら日本を感じる事ができます。

a0285071_00014043.jpg

一緒に行った息子ちゃんもパパについてまわって盆栽を堪能(?)していました♡
暑い中お疲れ様でした~☆

に、しても。
Pistoiaってこういう植木のメルカートがいっぱいあってトスカーナのたくさんの植木屋さん、お花屋さんが仕入れに来る位の規模らしいです。
次回は盆栽以外の植木のお店も見て見たいと思います。

植物はホントにエネルギーをくれますね。
すぐに枯らしてしまう人にはその分疲れてるその人にエネルギーをくれてるから枯れるんですって(オーラの泉より美輪さん、談)。
さらに植物を愛する人、大事にする人は植物の間でも有名になって(土や水を通して情報が行くらしい)野山やお花畑に行くと植物が寄ってくるらしい(こちらもオーラの泉より。あと、著書の中で吉本ばななさんも同じ事書いてました)。

地球上の全ての有機物は生きてるね!と確信します☆



[PR]
# by olmifujin_firenze | 2018-05-24 14:38 | イタリアライフ

バカンス(2018年5月) ②

今回滞在したアグリツーリズモの施設はGubbioの街から車で10分かからない、でもちょっと山の上の方だけあってえっらい寒くて軽装で行ってしまったばかりに大変でした。

a0285071_00480136.jpg

可愛いアグリツーリズモの建物♡

a0285071_00490860.jpg

お馬さんを見て撫でさせてもらって猫さん達(5匹)と戯れて鶏や七面鳥にご挨拶して犬と子羊とお散歩するという息子ちゃんの農場のイメージそのままの世界が広がっており常にハイテンションでした☆

a0285071_00531938.jpg

いつも怖くて触りたいけど触れなかったお馬さんに初めて触れた息子ちゃん。アグリツーリズモの方(Riccardoさん)もご夫婦揃っていい方で晩ご飯の後はみんなで遅くまで色々お話ししました。
外のレストランあんまり開いてないからリスク回避で晩ご飯は毎回アグリツーリズモ内でいただきました♪
何でも美味しくて手作りである意味贅沢な事だなーと思いました。
ここではミルク、ジャム、蜂蜜、ヨーグルト、チーズと全部自家製です。
素晴らしい~♡
更にこちらのご夫婦の息子ちゃん(Ramon君、もうすぐ3歳)がまたまたかわいくてうちの息子ちゃんとも超仲良くしてくれて(初対面では中々難しい事なんです)帰りは別れ難い雰囲気な感じでした。

a0285071_00590527.jpg

動物と緑に囲まれて、美味しいお料理をいただき、鳥の声で目を覚まし特別すぐにやらなきゃいけない事はないような時間がゆっくり流れる生活、ちょっとだけでも幸せでした♡
旦那さんと息子ちゃんが農場や周辺を散歩している間に本を読んだりという贅沢(?)をしてしまったり(きゃあ~)!
何か本当に今回マドリードを延期してGubbioに来たのはこれか!と噛み締める思いです。
普段「特別何もしない」事が苦手な私達。
つい時間を詰めてあれこれやらないと損をした気分にすらなってしまう日常の中で今回の「何も頑張らない」休暇はサイコー(敢えてカタカナで!)でした!

アグリツーリズモの皆様にもありがとうございました♡
また必ず伺います!
そしてそんな予感がします。
別れ際の挨拶は「また来るねー」とか「またねー」でした。
何かコレっきりな感じがまるで無く、別れ際何だか寂しくなっちゃいました。
次回は秋頃かな?
Ramon君にフィレンツェからお土産を持って行こうと考えています♡

Agriturismo Il Moro
via San Bartolo,126
Padule Gubbio PG

Tel:3488131937/0757816257
www.ilmorodigubbio.it

皆様も是非♡

トスカーナ周辺にもこういう気心が知れた(お互いの名前と顔が一致する客と事業者を越えた関係)アグリツーリズモを少しずつ増やしていきたいです。
そして週末でも平日でも1泊2日だけでも少し身体と心を安めに車でチラリと気軽に行ける場所をいくつかストックしたいです♡

身体を自然の中に置く心地良さ♡
夏は海にいればいいけど、これで春や秋も楽しめそうです!



[PR]
# by olmifujin_firenze | 2018-05-23 01:10 | イタリアライフ

バカンス(2018年5月) ①

5月の有休はマドリード〜と騒いでいたのにも関わらず旦那さんと話し合った結果「イタリア国内のアグリツーリズモ🇮🇹に行ってのーーーーんびりする」という癒し系を求める方向で合意(笑)しました。

しかもアグリツーリズもだけでは無く近くに街もあって自然と観光両方できるとこ、でも大都市じゃなくて1日で周れるような小さい街(疲れない事がテーマなので)、という事で以前から行きたかったGubbioという街に行って来ました。

a0285071_00245371.jpg

更に到着したその日はGubbioの伝統行事のお祭りの日で、殆どのお店やレストランが休みでランチをする所を探すにも大変でした。
でも伝統行事を重んじてその期間は仕事をせずガッツリとそのお祭りを楽しむ生き方にも賛成です。
アメリカ(日本も)のような稼ぐ事(働く事)が美徳と言う事を受け入れない文化は貴重です。
そうは言っても100%閉まっている訳ではありません(笑)
幸い切り売りのピザ屋さんが開いてたのでランチができました♡

a0285071_00320346.jpg

こちらはメインの広場、Gubbioと言えばRaiドラマ「Don Matteo」のロケ地でも有名ですねー♡
私、結構みてました。

a0285071_00372295.jpg

こんなセットの1部も広場にあったり。
ファンには嬉しい配慮ですm(_ _)m。

そんな訳でこんな素敵なGubbio、3日程滞在しました♡
正にのーんびりできました。
また行きたいな~♡

[PR]
# by olmifujin_firenze | 2018-05-22 00:44 | イタリアライフ

春ですねえ。

暑くなりましたね!って言っても昨日からまた急に気温が下がってせっかく衣替えが完了したのにまた少し上着等が必要な感じです(涙)

でも日本から帰ってきたらいきなり「春!」になってて慌てて衣替えをして羽毛のものを(ジャケットやお布団)をクリーニングに出して家の中も結構春仕様になりました♡

旦那さんはいそいそとお花を買ってきたりと忙しそうです(笑)


a0285071_09150157.jpg

ベランダがカラフルになってありがたいですm(_ _)m

更に先日はバルディー二庭園に行って藤の花を見てきました。
毎年恒例になりつつあるこの季節のお約束です。

a0285071_09170161.jpg

動植物が活発になる季節ですね。
真夏になる前までにしっかり外出したいと思います☆

イタリアは日本のように春夏秋冬があるので何だかこういう季節の変わり目(もっとじわじわ来てくれるとありがたいです)を感じるの嬉しいです。

ピクニックもしなきゃいけないしフィレンツェ郊外のお散歩や散策や小さい街巡りや何かワクワクしますね。
春と秋はこういうのガッツリ堪能したい所です。
忙しくなりますね♡♡♡



[PR]
# by olmifujin_firenze | 2018-05-03 09:10 | イタリアライフ

改めて両親についての発見でした。

今回の帰国では新しい発見が沢山ありました。

中でも1番身近なはずの両親について。
いつも電話をしてもすぐに母に代わってしまい余りガッツリ話す事がない父、実は私以上に色々アクティブでした!

元々調べ物が好きな彼は今の日本の状況をよく見ており、食べ物や産地確認や水、添加物に関してもかなり目を光らせており今回の帰国では食に関してかなりの協力をいただき大変助かりました。
そんな彼は私が帰国する度にそれまでに溜めたスクラップ記事をくれます。
主に時事問題が殆どですが、そんな中に今回はイタリアの記事もありました。
日本のメディアから見るイタリア情勢、何か不思議な感じ。

a0285071_19442412.jpg

何歳になっても飽くなき探究心旺盛な父です。
しかも自分の事で中々いっぱいな私はウッカリ(?)忘れていましたが父は定年退職後移住の準備をしつつも、学校に通い社会福祉士の資格を取っていました。
尊敬しますm(_ _)m
今はそれを活かして彼の移住地である岐阜の小さな村でボランティア活動をし、近々NPO法人化に向けて準備中らしいです。
正に第二の人生!!
心底応援しております☆

更に母も負けてはいませんでした。
母も定年退職後も現役中に携わっていた市の文化事業に関するボランティアや地域の踊り(ダンスではありません)のグループに参加したりと忙しそうです。
更に彼女も定年後介護ヘルパーの資格を取っており去年まで市の介護に関わる仕事を少ししていたようです。

なんか凄いなー。
私も40代に突入して色々思うところはありますが彼らを見てると身体が動く限りなんでもできるな!と思うのでした。

更に母は昔から好きだった手芸もせっせと続けているみたいで私の帰国中にも色々作って持たせてくれました♡

a0285071_16321164.jpg
グラスの下に敷くコースターや、

a0285071_16351693.jpg

帰国の際手荷物用のバックとして息子ちゃんのおやつやおもちゃをガチャガチャ入れてきたこのバック。
手持ちの部分がカナリボロボロになってきてて「もうコレ寿命かもねー長年使ったし」と言って自宅で処分をお願いしておいたら何と!
数日後に手持ち部分がそのまま別の物に付け替えられており「まだまだ使えるね♡気に入ってたんでしょう?」と言われグッときました☆

凄いなー。
母力っていうか。
私もこんなスキル欲しいなー。

私も旦那さんと一緒にこんな風にリタイア生活ができたらなーと思います。
お互い心も身体も元気でいい年の取り方したいです。

それにはやっぱり「今」の毎日の生活がだいじですね。
全てはそういう事の積み重ねですので!

そんなうちのご両親、何時迄もお元気でいて下さい。
もうそれだけです。
来年も頑張って帰国するようにします。

来年は是非桜満開の時をねらいます!
(今回カナリ惜しい感じでしたので☆☆☆)



[PR]
# by olmifujin_firenze | 2018-04-27 21:03 | 日々向上♪

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

バカンス(2018年5月) ③
at 2018-05-24 14:38
バカンス(2018年5月) ②
at 2018-05-23 01:10
バカンス(2018年5月) ①
at 2018-05-22 00:44
春ですねえ。
at 2018-05-03 09:10
改めて両親についての発見でした。
at 2018-04-27 21:03

外部リンク

ファン

ブログジャンル

ナチュラルライフ
海外生活